遠くを見る博士は決して諦めない遠くを見る博士は決して諦めない

街角アンケート等で、「大工」のことを尋ねられたとしたら、あなたはどう言う?「教え子」は、人によって受け止め方が違うなのかもしれない。
一生懸命お喋りするあいつと冷たい雨

一生懸命お喋りするあいつと冷たい雨

現在よりもかなり肥満だった時に、毎日食べたくなったのがシュガートーストだ。
その上、夜ごはんの終わりに4枚くらい食べた記憶もある。
さらに並行して、マッシュポテトにはまってしまい、肥満体型の道へワープだった私。
トライしたダイエットが、変わり種ばかりだ。
例えば、14日間スープダイエット。
これは2週間程同じ材料で作られたスープだけで生きるダイエットだ。
外出先にも水筒に入れて持ち運んだという徹底さ。
次がトマトを夕食に置き換えるという痩身法。
全部、今では無理。
その後、3年ほどで食生活を気にするようになると、気付いたら元に戻った。
とにかく時間をかけてやるのが一番。

ノリノリでお喋りする姉ちゃんと失くしたストラップ
買いととのえた縫物用の布で、園に入園する自分の子供の必要な袋を縫わなくてはならない。
母親である妻が作成するんだけれども、しかし、自分もいやだというわけではないので、面倒なようすだったら手伝おうと考えている。
持っていくものをしまうものが園に行くのに必須のようだ。
ミシンも遅まきながら到着した。
使用感もみてみようと考えている。

涼しい木曜の夜に食事を

梅雨がこないだ明け、今日セミの鳴き声で目が覚めて、少年は「夏だ。」と感じた。
夏休みが始まる前の休みの日の午前中、少年は縁側に座ってアイスを食べていた。
頭上では風鈴がときどき鳴っていた。
朝から日が強く、太陽が少年の座った足を照りつける。
少年は半ズボン姿だった。
顔中から汗が流れ、アイスクリームも溶けてきた。
少年は、近所にある屋外プールのプール開きを楽しみにしていた。

風の無い土曜の深夜は立ちっぱなしで
少年は、今日は小学校の給食係だった。
帽子とマスクを着け、白衣を着て、他の給食当番たちと、本日の給食を取りにいった。
今日の主食は、ご飯ではなくパンだった。
バケツのようにフタつきの大きな鍋に入ったシチューなんかも。
少年は、最も重い牛乳だけは、男子が運ぶべきだろう、と考えていた。
クラス皆の分だから38本ある。
なので自分が、バットに入った瓶入り牛乳を持ったのだけど、同じ給食係のフーコちゃんが一緒に持ってくれた。
重たい瓶入り牛乳を女の子に運ばせたくはなかったけれど、同じクラスでのアイドル・フーコちゃんと一緒に教室まで歩ける、と思った少年は、ちょっとドギマギしながら、何も言わずに2人で牛乳を運んでいくことにした。

目を閉じて吠える母さんと冷たい肉まん

江國香織さんのストーリーに登場する主人公は、陰と陽を持っていると思う。
旦那意外との恋愛を肯定化する。
けれど、運命的に大切に思っているのは別のただ一人。
そんな女性が多々いるような気がしませんか。
不倫を陰だとしてみると、本命は陽。
突然スイッチが入ったように陰が登場する。
旦那意外との恋愛に関する良い悪いは無視して、その物語の女の人を見つめる。
私の中に新たな恋愛観や見かたが登場することもありえる。

笑顔で話す彼女と紅葉の山
雑誌を見ていたり、街を歩いていると、綺麗だな〜と思う人はたくさんいる。
顔立ちは、一般的な美しさとは言えなくても、人目を引いたりオーラがあったり。
それぞれの雰囲気は、その人の心の中かもしれない。
結構重要だと思う。
私が見てしまうのは歌手の西野カナさんだ。
うたばんを見て初めて質疑応答を受けている姿を見た。
可愛い子!と注目せずにいられない。
童顔に、体格も良い感じ、明るい色がピッタリ似合う印象。
会話がほわんとしていて、名古屋弁なのもポイントが高い。
アルバムは割と聞いていたけれど、話している姿を見てますます大好きになった。

汗をたらして熱弁する彼と穴のあいた靴下

人それぞれに、物の趣味や気になるものが存在すると思うけれど、どんなものか聞くのが好き。
仲の良い子に質問してみたところ、お金、良い生地のランジェリーお母さんの事が好きとの事。
そして、異性の血管の出た腕。
最後に、ドイツ語の巻き舌。
自分には理解できない。
リンゴ飴、シャツを身につけないで厚手のニット、かなり薄めた香水、声のかすれた若い人が好きだと、伝えた。
正に分からないと言われた。
まさにこれが、フェチという言葉がぴったりだという。

暑い火曜の夜はゆっくりと
昔、体調が良くない上に、食事と、眠りの内容が変だったので、吹き出物が多かった。
改めようと考え、食生活を意識し、健康に役立つ事をやろうと情報収集をした。
そこで崇拝されていたのが、アセロラジュースだ。
いまだに結構飲むことにしている。
レモンよりもビタミンが多く摂取できるという。
健康とビューティーは結局食事から出来るのかもしれない。

余裕でダンスするあの子と月夜

旅でも業務でも、韓国への渡航回数が多い。
特に、博多港からすぐ行ける釜山。
観光ももちろんだが、女性は化粧品や服など興味を持っている方も多いようだ。
韓国では外見、つまり外見を磨くことに関しての力は強い。
面接や、パートナー選びの際に、日本に比べて露骨に判断する場合が多いという。
なので、韓国製のスキンケアなど、美容に効果抜群の成分が、日本製より多く含まれている。
という事で、合う合わないは出てくるものの、結果は期待してしまう。

前のめりで体操する弟と俺
ゴールデンでよくみる司会者がびっくりするほど突然引退らしく、ニュースやらワイドショーでうるさいぐらい報道しているが、非常にすごいですね。
この次の国の総理が誰に決定するかという話よりニュースでは番が前だったし。
どの人が総理になっても変化しないと考える方もたいそういますし、それよりは有名司会者が芸能界をいきなり引退というのが影響がでるということですかね。

サイト内メニュー


サイト内メニュー


花花

Copyright (C) 2015 遠くを見る博士は決して諦めない All Rights Reserved.