遠くを見る博士は決して諦めない遠くを見る博士は決して諦めない

「奇跡」のことの論文や本を書くとしたら、どのようなことを調べる?「弟子」の成り立ちとかだろうか。もしくは、一個人の観点からの意見だろうか。
前のめりで走る母さんと気の抜けたコーラ

前のめりで走る母さんと気の抜けたコーラ

時は金也とは、的確な名言で、だらだらしていると、本当にあっという間に自由な時間が無くなる。
今よりも素早く業務も課題も終了すれば、その他の仕事に時を回せるのに。
しいて言えば、長風呂したり、料理にはまったり、本を読んでみたり。
そう思いついて、近頃はシャキシャキ終わらせようと気を張っているが、どれだけ頑張れるのか。

泣きながら口笛を吹く姉妹と読みかけの本
そそられなかったけれど、筋トレもわずかでもしなくてはと今日この頃思う。
働く内容が異なるものになったからか、このごろ、体を動かす機会が非常に減り、体脂肪がたいそう増した。
また、30歳になったのもあるかもしれないけれど、横腹にぶよぶよと脂肪が醜くついていて、大変自分でも見苦しいと思う。
ちょびっとでも、努力しないといけない。

喜んでダンスするあいつと公園の噴水

お願いされて、知人の所有している山のモウソウダケの伐採を協力していたけれど、しかし、太い竹がものすごく多くて苦しかった。
竹林の持ち主が山の管理を親から継承して、モウソウダケが密になっていて、どこから手を入れていいかわからない状態だったそうだ。
自分は、業務で活用するモウソウダケが手に入れたかったので、いただけるとなり、ありがたくて良かったが、竹やぶになった里山から出すのも大変だった。

前のめりで熱弁する子供と霧
最近、歴史小説を精読するのは少なくなったが、一時前に水滸伝の北方謙三版に魅了されていた。
昔に訳された水滸伝を軽く読んだ時は、退屈な内容で、われを忘れるほどはまらなかったが、水滸伝の北方バージョンを読みふけったときは、心酔し、読み進めるのが止まらなかった。
会社の休憩中や家に帰ってからの食事中、お風呂でも読破して、1日一冊ずつ読んでいた。
登場キャラクターが血が通っていて、男らしい登場キャラクターがとてもたくさんで、そういったところに惹かれた。

目を閉じて大声を出す家族と冷めた夕飯

北海道から沖縄まで、たくさんのお祭りが存在するだろう。
実際に確認したことはないけれど良く知っているお祭りは、秩父夜祭で、別名、冬祭りだ。
ゴージャスな彫刻を施した、笠鉾と屋台の合計6基。
祭りの概要が分かる会館を見たときに、実際の様子を写したDVDや実物大の屋台と笠鉾を見ることができた。
寒い冬に行われるので、冬祭りとも呼ぶようだ。
体験したいし見てみたい祭事の一つでもある。
冬祭りとは逆に、夏にあるのは、福岡市の放生夜がよく知られ、万物の殺生を禁止する祭り。
江戸の時には、このお祭りの期間、魚釣りもしてはいけなかったとの事。
伝統的なお祭りも大事だが、私は屋台のリンゴ飴も同じく大好きなのだ。

天気の良い火曜の早朝は冷酒を
今晩は一家そろって外食なので、少年はものすごく楽しみにしていた。
何を食べようかな、と夜が待ち遠しくて、いろいろと考えていた。
ピザやオムレツ、もしかしてステーキも?などなど、メニュー表には何が載っているのかと想像していた。
場所は近所の和風レストランだ。
お父さんの運転する車は、もうすぐ目的地に到着する。
お母さんは助手席でのんびり景色を見ている。
お姉さんは少年の隣で、週刊誌をパラパラめくっている。
少年は車から降りると、ワクワクしながら、店の入り口を誰よりも先に開けた。

ゆったりと自転車をこぐ兄弟と失くしたストラップ

小さな時から、本を読むこと嫌いじゃありませんでしたが、何気なく、家や図書館にある本を読んでいました。
真剣に考えながら読み始めたのは、高校時代。
クラスで、よしもとばななさんのムーンライトシャドウを学習してからです。
話は、付き合ったいる人を失ったヒロインの、高校時代の回想が始まりです。
恋人が事故で亡くなってしまう経験なんてその時もその後も、ありません。
だけど、高校生の私に主人公の悲しい気持ちが重なってきました。
初めての感覚でした。
主役と、当時の私の年齢が近かった事、それもあってだと思います。
学校帰りに、その文庫本を買って帰ったのが本購入の初めてでした。
このストーリーは、「キッチン」に収録されている作品です。
随分昔の本ですが、ずっと色あせない素敵な本だといわれています。

ノリノリでお喋りするあなたと霧
けっこう昔から知ってたけど行ったことはない、だけれども、しかし、日が暮れての動物園は、夜行性の動物がたいそうはつらつと活動していて見ていておもしろいらしい。
けっこう前から興味あったけれど、夜の暗さの中での動物園は行ったことがないけれど、娘がもう少し理解できるようになったら行ってみようと考えている。
もうちょっとわかるようになったら、必ず、娘も笑ってくれると思うから。
通常の動物園と異なった雰囲気を妻も自分もきっと楽しめると思うので味わってみたい。

湿気の多い休日の晩に料理を

ビールなど、酒のおともに、ローカロリーで健康に良い物を!と思っている。
最近のお気に入りだったのは、キュウリ。
もっと前はさんま。
それから、最近は、ウナギだけれど、高いのでそれも辞めた。
昨日、新たなおつまみを考案した。
お店で80円くらいのエリンギ。
小さく切って、マーガリンで炒めて、みりんと塩を適量使用し味付た物。
かなり価格は低め、KCALも低い気がしませんか。

天気の良い祝日の早朝は足を伸ばして
随分久しぶりの外での仕事の時、初めて業務で一緒に過ごしたAさんは、怖そうな男性だ。
入社時に会った時から貫禄があり、プラーベートな会話はほとんどしたことがなかった。
その際、ただ何気なくAさんの袖をまくったうでをみてかなりびっくりした!
大きな天然石のアクセがいくつもつけられていたから。
気付いたら、天然石詳しいんですね!と出てしまったほど。
にっこり笑ったAさんは得意げで、しかもやさしい顔で、種類別の天然石の名前紹介してくれた。

サイト内メニュー


サイト内メニュー


花花

Copyright (C) 2015 遠くを見る博士は決して諦めない All Rights Reserved.